高速走行のウォーミング・アップハイウェイも発達して、日本人も高速道路の走り方がうまくなってきた。しかしまだ一般道路の如帥/と同じ運転をしている人が多い。高速で走った経験少ない人は高速道路の運転の違いを覚えることが先である。高速道路を走るのにもっとも基本に葱るのは「流れに乗る」ということで、これは途中から「とび乗る」時が最も難しい。幸いオートマチック車がふえてきたので、アクセルを全開していれば伽から100m/hまで加速できるが、マニュアル車の場合はサード・ギアなどで全力加速しないと本線に流入できない。この時のポイントは、流れより少しだけオーバーに加速して、減速しながら車間に入るとスムーズにいく。逆に、高速道路で走っている車の隙間を追いかけるように本流に載るのは相当高性能の車でないと無理である。次にスピードの維持だが、一般道路のスピードから突然100m/hの高速道路のスピードに慣れるのには時間がかかる。乗りこんですぐに追越し車線の高速に出るのは慣れていても危険である。そのため、とりあえずはトラックの多い走行車線でスピードに目を慣らす。アクセルの踏み方もただ踏みつけるのではなく速度のコントロールを覚える。高速道路に慣れていhる人でも、最初の何分かはこのようなウォーミング・がアップをする習慣をつけると安全である。そうすることで「追いかける」意識が少なくなる。運転に関しては、←こちらのサイトがお勧めです。

DW190_L