もうひとつの装備は駆動形式で、オーソドックスな後輪駆動車(FR車)より前の重いエンジンの下で駆動する前輪駆動車(FF車)のほうが雪道では走りやすい。ただし、FF車は前輪を空転させると大事な舵まで失われるのが短所である。雪の上で強いのは4輪駆動車(4WD車)で、これは同じ駆動力をかけるなら4輪に力を分散するので2輪駆動よりスリップしにくい。このように雪の上ではどういう装備で走るのかによってテク’一ツクが基本的に違ってくる。あくまでも装備によって耐えられる性能が違うからである。それでも、絶対的に共通しているのは「制動力が低いのでスピードは出せない」ということと「オーバーな駆動力ではスリップを起こす」ということ。この二つの条件をうまくコントロールするのがテクニックになる。 したがって、4WDとそれを生かせる性能がいいスタッドレス・タイヤがなければ、いくらエンジンのパワーがあっても無駄である。ふつうの車では雪や凍結の路面ではできるだけ駆動力の弱いギアで「踏み締めるように走る」のがテクニックの基本である。できるだけ駆動する力を変えないで一定の力で走ればタイヤのスリップを起こしにくい。そのためには、あまり、ギア・チェンジはしないで③速など一定のギアで走る。ATでは2レンジの守備範囲が広い。ただし、うっかり加速して駆動するギアの力があり余ると、上り勾配の抵抗だけでもタイヤは空転を始める。とにかく力まかせに走るのは禁物である。←その他役立つ情報はこちらから。

DW172_L

One thought on “駆動形式

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>