アンダーステア

高速道路の力ーブはすり鉢状である渋滞で止まった時に気が付くだろうが、高速道路のカーブは平らではなく外側が高くなる傾斜(カント)がついている。これはカーブを高速で走ると起きる遠心力を下向きに支えるためである。しかも、高速道路の設計スピードは制限速度より高い120m/hのところが多い。そのため、高速道路のカーブではふつうの道より曲がりやすい構造になっている。これは簡単に言えば道路がすり鉢状になっていると考えればいい。そして、そこを走っている自動車は、どんな車も本質的に加速するとカーブの外側に僅かにズリ出す性質の「アンダー・ステァ特性」に設計してある。したがって、仮にその自動車ですり鉢状の中をグルグル回ると想像したら「加速すればカーブの外に、減速すれば内側に」向くことが分かる。つまり、傾斜のついたカーブでは、加速、減速が車の方向を左右するのである。これだけの説明でもう分かった人もいるだろうが、高速道路のカーブにある傾斜は曲がるのが楽なだけでなく、アクセルの加減でも舵の働きをするわけだ。これが高速道路のハイ・テクニックである。実際にやるには、カーブの入り口では僅かにハンドルは切るのだが、そのまま加速すれば外側にズリ出そうとする。減速すると内側に向こうとする。この感じをとらえてちょうどいい曲がり方にアクセルを加減すると楽に曲がれる。中古車 高く売る ←こちらのサイトがお勧めです。

DW190_L

セルフアライニング

これを直すには時間がかかる。しかし「自動車は放っておけば自分で直進に戻る性質がある」と分かれば自然と直る。つまり、現代の高速道路用に設計されている車は、加速することで直進に戻る(セルフ・アライニング)ようになっているのに、ドライバーが力一杯抑えつけるから、この性能が生きてこない。しかも遊びがないハンドルは細かく動かしても舵の効果が出る。これを直すには、直進時はハンドルを軽く握るようにすれば自動的に直進するようになる。なんでもないようなことだが、アウトバーンで200km/hを出して走る時にもこれが基本になる。低速では許されても高速道路ではハンドルが敏感になる違いである。ただし、それには大事なポイントがある。それは視線のやり場である。もし100km/hで走っている時に、2本のレーン・マークが流れて見えるようなら視線が近すぎる。もっと遠くを見るとこの線が破線であることが分かるだろう。まあ距離でいえば、最低でも100m先の路面を見ていなければ直進はうまくできない。もっとも、それより手前は先を見ていれば自然と視界に入る。つまり、100m/hでは100mを3.6秒で走るから、それだけ先を見ていれば3.6秒間走る間のまっすぐな線が見える訳である。その方向に車が走っていれば修正する必要はない。更に詳しく調べるなら、←こちらがお勧めです。

DW200_L

車に直進をまかせる

力まずに直進するのがハイテクだ。高速道路というと日本のドライバーは神経を集中していなければいけないと最高に緊張する。たしかに神経が散漫では困るのだが、あまり緊張すると肩や腕に力が入る。両ひじも広げて高く保つ。そして前の車を追い続ける。これが高速道路のドライビングがうまくならない人の原因である。ドライビング・ポジションの基本としては、ハンドルを握ったままいったん肩を上げてストンと力を抜いて落とす。両ひじは自然と張らなくなり、身体に近くなる。この姿勢だと何時間運転していても肩が凝らないで、ハンドルを確保できる。このような自然体のポジションを作ることで不要な緊張がなくなる。次に大事なことは「車に直進をまかせる」こと。低速ばかり走っていた人はこれがなかなかできない。つい、自分で直進するようにハンドルを細かく動かして2本の白線の間を走ろうとする。また腕に力が入ってくる。結果は、細かい修正をするたびに車体は蛇行している。こういう場合本人は無意識にやっているからそんなことに気がつかない。もちろん、気がつかないから自分はそんなことはやっていないと思うだろう。だが、日本人の半分以上はこの癖をもっているのである。教習所で教えられた低速用の走り方だ。←こちらのサイトでは車関連の情報を取り揃えております。

DW198_L

高速道路の走り方

高速走行のウォーミング・アップハイウェイも発達して、日本人も高速道路の走り方がうまくなってきた。しかしまだ一般道路の如帥/と同じ運転をしている人が多い。高速で走った経験少ない人は高速道路の運転の違いを覚えることが先である。高速道路を走るのにもっとも基本に葱るのは「流れに乗る」ということで、これは途中から「とび乗る」時が最も難しい。幸いオートマチック車がふえてきたので、アクセルを全開していれば伽から100m/hまで加速できるが、マニュアル車の場合はサード・ギアなどで全力加速しないと本線に流入できない。この時のポイントは、流れより少しだけオーバーに加速して、減速しながら車間に入るとスムーズにいく。逆に、高速道路で走っている車の隙間を追いかけるように本流に載るのは相当高性能の車でないと無理である。次にスピードの維持だが、一般道路のスピードから突然100m/hの高速道路のスピードに慣れるのには時間がかかる。乗りこんですぐに追越し車線の高速に出るのは慣れていても危険である。そのため、とりあえずはトラックの多い走行車線でスピードに目を慣らす。アクセルの踏み方もただ踏みつけるのではなく速度のコントロールを覚える。高速道路に慣れていhる人でも、最初の何分かはこのようなウォーミング・がアップをする習慣をつけると安全である。そうすることで「追いかける」意識が少なくなる。運転に関しては、←こちらのサイトがお勧めです。


DW190_L

駆動形式

もうひとつの装備は駆動形式で、オーソドックスな後輪駆動車(FR車)より前の重いエンジンの下で駆動する前輪駆動車(FF車)のほうが雪道では走りやすい。ただし、FF車は前輪を空転させると大事な舵まで失われるのが短所である。雪の上で強いのは4輪駆動車(4WD車)で、これは同じ駆動力をかけるなら4輪に力を分散するので2輪駆動よりスリップしにくい。このように雪の上ではどういう装備で走るのかによってテク’一ツクが基本的に違ってくる。あくまでも装備によって耐えられる性能が違うからである。それでも、絶対的に共通しているのは「制動力が低いのでスピードは出せない」ということと「オーバーな駆動力ではスリップを起こす」ということ。この二つの条件をうまくコントロールするのがテクニックになる。 したがって、4WDとそれを生かせる性能がいいスタッドレス・タイヤがなければ、いくらエンジンのパワーがあっても無駄である。ふつうの車では雪や凍結の路面ではできるだけ駆動力の弱いギアで「踏み締めるように走る」のがテクニックの基本である。できるだけ駆動する力を変えないで一定の力で走ればタイヤのスリップを起こしにくい。そのためには、あまり、ギア・チェンジはしないで③速など一定のギアで走る。ATでは2レンジの守備範囲が広い。ただし、うっかり加速して駆動するギアの力があり余ると、上り勾配の抵抗だけでもタイヤは空転を始める。とにかく力まかせに走るのは禁物である。←その他役立つ情報はこちらから。

DW172_L